横尾忠則オフィシャルウェブサイト
Yokoo's vision、展覧会情報、インフォメーション、随時更新中
http://www.tadanoriyokoo.com

横尾忠則ツイッター
http://twitter.com/#!/tadanoriyokoo
COPY RIGHT 2006 BY ART PLANET.Y ALL RIGHT RESERVED
ホーム | 書籍 > エッセイ本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた
商品詳細

本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた[YB086]

販売価格: 907円 (税込)
サインをご希望の際は、お客様のサイン希望名をご入力ください。
※サインはお名前のみとさせて頂きます。メッセージ等はお受け出来かねますのでご了承下さい。
※サインはお客様のお名前とセットで横尾のサインが入ります。
※空欄の場合はサインは無しでのご発送となります。
お客様のサイン希望名 (任意):
最大15文字
数量:

商品ID:YB086
商品名:本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた
著者/横尾 忠則
発行/光文社 (2017/7/19)
体裁/新書判 298頁


横尾忠則さん、人生で初めての書評集:
「この本の中に、僕の考えてきたことがすべて入っています」
(横尾コメント)

2009〜2017年、「朝日新聞」に連載された
人気の書評がついに1冊に!!!
「絵画の見方」から「創造」「死」のことまで、
仕事と人生のヒントがいっぱい詰まった133冊。

◎「あとがき」より
書評の経験は全く初めてだった。
僕が読書嫌いだということを知ってか知らずか、
今まで誰一人として僕に書評を依頼したものはなかった。
(中略)
だからといって嫌々書いた本は一冊もない。
どの本も誰かに読んでもらいたいと思う本ばかりだ。
読書後の記憶はほとんど忘却しているが、
これらの本を選択した意志は何らかの形で
僕の創作と人生とは無縁ではないように思う。
そう考えると、
どれ一冊とて無駄な本はなかったということなのかなあ。

◎ 目次
死・生・今/「からだ」と「こころ」/トップスター/
わがまま・あるがまま/遊び・自由・ユーモア/天才・狂気/
芸術か人生か! /人生・邂逅・運命/写真は語る/猫/映画と人生/
虫の声を聞く/日記・自伝・評伝/創造/異世界への想像力/
夢想・空想/冒険とロマン/
アンディ・ウォーホル/ルネ・マグリット/バルテュス/
禅/昭和の記憶/物語/絵画の見方/日本・美・感性/
現代美術とは?/画家について/明日へのとびら

◎ 本書に掲載された書目(一部)
・フリーダ 愛と痛み(石内都)
・「死ぬのが怖い」とはどういうことか(前野隆司)
・鴨居玲 死を見つめた男(長谷川知恵子)
・日本人の身体(安田登)
・睡眠のはなし(内山真)
・皮膚感覚と人間のこころ(傳田光洋)
・長寿と性格(H・S・フリードマン、L・R・マーティン)
・レディー・ガガ メッセージ(ブラントン・ハースト)
・デヴィッド・ボウイ インタヴューズ(ショーン・イーガン編)
・わがままこそ最高の美徳(ヘルマン・ヘッセ)
・フリープレイ(スティーヴン・ナハマノヴィッチ)
・早世の天才画家(酒井忠康)
・天才の秘密(マイケル・フィッツジェラルド)
・野球にときめいて(王貞治)
・死小説(荒木経惟)
・芸術家の家(ジェラール=ジョルジュ・ルメール)
・アーティストが愛した猫(アリソン・ナスタシ)
・フェリーニ 映画と人生(トゥッリオ・ケジチ)
・黒澤明の遺言(都築政昭)
・ふかいことをおもしろく(井上ひさし)
・46年目の光(ロバート・カーソン)
・右手と頭脳(ペーター・シュプリンガー)
・異世界の書(ウンベルト・エーコ編)
・図説 滝と人間の歴史(ブライアン・J・ハドソン)
・マグリット事典(C・グリューネンベルク、D・ファイ)
・バルテュス、自身を語る(バルテュス)
・世界で一番美しい名画の解剖図鑑(カレン・ホサック、ジャネスほか編)
・ピカソ(ギィ・リブ)
・ピカソになりきった男(ボコミラ・ウェルシュ=オフチャロフ)