横尾忠則オフィシャルウェブサイト
Yokoo's vision、展覧会情報、インフォメーション、随時更新中
http://www.tadanoriyokoo.com

横尾忠則ツイッター
http://twitter.com/#!/tadanoriyokoo
COPY RIGHT 2006 BY ART PLANET.Y ALL RIGHT RESERVED
ホーム陶器髑髏絵皿セット
商品詳細

髑髏絵皿セット[YY003]

販売価格: 27,000円 (税込)
重さ: 3300g
サインをご希望の際は、テキストボックスにお客様のサイン希望名をご入力ください。サインの入る場所は「外箱」か「皿の裏」のいずれかです。下記2個所のうちご希望のほうにサイン希望名をご記入ください。

※サインはお名前のみとさせて頂きます。メッセージ等はお受け出来かねますのでご了承下さい。
※サインはお客様のお名前とセットで横尾のサインが入ります。
※空欄の場合はサイン無しでのご発送となります。
外箱(ダンボール) (任意):
最大15文字
皿の裏 (任意):
最大15文字
数量:
商品ID:YY003
商品名:髑髏絵皿セット

制作年:2000
素材:陶器 美濃焼
大皿1枚、小皿5枚
サイズ:大皿33.5cm 小皿13.5cm

■髑髏絵皿の制作工程につきまして■
1.素焼き⇒お皿を成形し、250℃〜300℃の窯へいれる。
2.絵付け⇒美濃紙(障子紙のようなもの)に呉須(ごす。下絵に使うダークブルーの彩料。)で印刷された髑髏の絵柄をお皿に転写する。
3.本焼き⇒髑髏の絵だけが残ったお皿に白の釉薬(うわぐすり)を入れて本焼き(1200℃から1300℃で焼く)をすると呉須が浮かび上がり、白の釉薬が絵柄の間に残り、ダークブルーと白を基調とした独特の髑髏絵皿が完成。
※1点1点全て手作業で作っております。

○大皿につきまして
 大皿の製作は左右対称の扇型銅版(素焼き転写)を丁寧に張り合わせ、呉須色を素焼きにしみ込ませる技法で作成された器です、素焼きに張り合わせる段階で一度しみ込ませると、修復が困難なため熟練の陶工による作業が必要となります。
 皿の裏側にも紋様が施されているため、手作業の釉薬の塗布にも気を使い、円ゴロ(焼成するための土状の型)が大きいため一度の焼成に数枚しか窯入れができないため制作に大変時間のかかる器となります。

○小皿につきまして
 絵代わり小皿は五つの絵柄からなり、いろいろな紋様を楽しむことができます。
製作段階における工程はさほど大皿と変わりはありませんが、紋様を損なわないよう、陶工の手により、皿目一杯の紋様となっております、細かな線も銅版が小さいため、張りやすく、はっきりと紋様が浮かび上がります。