アホになる修行 横尾忠則言葉集 [YB095]

アホになる修行 横尾忠則言葉集 [YB095]

販売価格: 1,430円(税込)

重さ: 270g

サインをご希望の際は、お客様のお名前をご入力ください。
※メッセージ等はお受け出来ません。お客様のお名前のみ(ニックネーム等も可能です)とさせて頂きます。
※お客様のお名前と共に横尾のサインが入ります。横尾のサインのみのご希望はお受け出来ませんので、お客様のお名前を必ずご入力ください。
※空欄の場合はサインは無しでのご発送となります。
 
お客様のお名前 (任意):
最大15文字
数量:

商品詳細

商品ID:YB095
商品名:アホになる修行 横尾忠則言葉集
著者/横尾 忠則
発行/イースト・プレス (2018/7/7)
体裁/B6判変形 272ページ


横尾忠則は、生の光も陰もまるごと肯定する。
宗教ではない、それはアートだけに可能な教えだ。
浅田彰(批評家)



魂を解放せよ

自由を獲得するためには、こだわりを捨てること、
遊びの精神を忘れないこと、言葉に縛られないこと、
頭でなく身体の言うことを聞くこと、
すなわち、アホになることである。
アホになることは容易ではない。

横尾忠則のここ20年間の代表的な著作や対話、
Twitterなどから厳選した、自由に生きるための言葉集。


(本書に収録された言葉より)

「願わくば、もっとアホになる必要がある」

「理屈をこねないで無頓着で暮らすのが一番です」

「わかっている範囲で生きているから不自由なんだと思う」

「人生も受身がいい。余計なことを考えたり、余計な努力をする必要もない」

「目的も持たない、想像もしない、考えさえもしない。これ最高です」

「嫌なことはしない。好きなことだけする。頭ではなく体の声に従うだけだ」

「自分自身から自由を奪ってはいけない」

「他人のルールでなく自分のルールに従うのが、長い目で見れば間違いない」

「バカバカしく生きてバカバカしく死んだっていいんだ。芸術ってこんなもんだと思うよ」

「怠けることは悪徳ではない。美徳だ」

「生まれたのも、病気するのも、老いるのも、死ぬのも全て遊び」

「芸術家は大体子供っぽい。素朴である、純粋である、無垢である、無心である、そして好奇心に燃えている。でもそれは人間全てに与えられた特権です」